毒素の種類

注目を浴びるデトックスですが
デトックスとは体内の毒素を解毒してくれる事をいいます。

では毒素とは一体どのようなものを指すのでしょうか?
そんな疑問にお答えいたします。

デトックスが働く毒素への解毒の働きは5つの毒素へはたらきかけます。

・有害金属類
私たちの体内には有害金属類が思いのほか蓄積されています。
有害金属類とは、水銀、鉛、ヒ素、アルミニウム、ニッケル、スズ、カドニウム
などになります。
これらはアルミホイル、絵具、プラスチック、電池、化粧品、銀歯、魚介類などから
体内に侵入します。
これらが蓄積されると神経系の障害を起こします。

・有害化学物質
これが最も多い毒素でしょう。
これは化学物質から作られていて、食品の製造工程や廃棄後に排出されたりして
環境汚染にも直結しています。
これらがあたえる影響は免疫機能や代謝機能が著しく低下し
アレルギーや癌を引き起こしたり
脳や石井障害、肝臓や腎臓の機能障害を引き起こします。

・活性酸素
最近よく耳にする活性酸素ですが、四種類が存在しています。
スーパーオキシド、過酸化水素、ヒドロキシラジカル、一重項酸素、
これらは毒性が非常に強く最も危険な毒素はスーパーオキシドです。

・体内毒素
これは日常的に溢れています。
外に一歩出れば排気ガス、塩素、水銀・・・
これらは知らず知らずにどんどん蓄積されている有害ミネラルと呼ばれる
重金属類や、化学調味料、加工食品などの添加物から体内に入って来ます。
これらは防ぎようがなく
デトックスしていく必要があります。

毒素の原因デトックスについて